2012.11.04 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.10.12 Friday

昨日の黒猫兄弟

JUGEMテーマ:にゃんこ


 
 2012・10・11
昨日の夜のジェイとエルです。
背景が散らかっているのは
気にしない。

夏頃からジェイは毎日一回は
甘えに向こうから側にやってきて
冷たい鼻をギューギュースタンプしたり、
大きな頭で頭突きをしてきたり、
肘や踵をおもむろに齧ってくれたりします。
シアワセです。

エルタンは相変わらずの甘えん坊ですが、
ジェイクが毎日甘えて来る様になった夏頃から?
ワタシを独り占めできなくなったからか、
息子にも甘えるようになりました。

学校から息子が帰って来ると
やってきて目の前でひっくり返ります。

2012.08.15 Wednesday

今年の花火

JUGEMテーマ:写真


宝塚のヒーリングサロンで集まって花火大会。
川沿いのマンションの9階なので特等席でした♪
魔女だらけの宴の楽しい夜でした。



でもね〜写真がね〜
上手く撮れなかったヨー



これ、結構いい感じで撮れたのに
なんか・・・小さいサイズになってるし。なんで?



ああ・・・これもちいさい。
今年は幼馴染3人組で一緒に見た花火。
色々な想いで見た花火。
私は皆がシアワセであるように。と思ってて。

幼馴染も同じ様に思ってくれてて。
やっぱり私はシアワセ者だと思うのでした。



これも小さいな〜。
写真は小さいけれど、

楽しかったのでした。
来年もお邪魔しよう。

 

2012.05.07 Monday

スーパームーン翌日の月


5月6日、スーパームーンの翌日の月。
暇だったのでベランダでカメラの練習。

私のミラーレスのレンズは望遠が効かないから
豆粒みたいにしか撮れなかったので、
古いコンデジで撮ってみた。
ちょっとブレちゃったけど結構綺麗に撮れた!!

新しいコンデジが欲しくなってきたかも。
 

2012.04.28 Saturday

玄武洞

JUGEMテーマ:鉱石鉱物

 

夫と二人で
玄武洞に行ってきました。
遠くて時間が掛かったので
ゆっくりできなくて残念でした。

玄武洞も勿論見たかったのですが、
私は併設されている石の博物館に
ずっと来たかったので嬉しかったです。



この日はめまいが酷かったので
どの写真も斜めっててすみません。
まっすぐ撮ってるつもりだったので
PCに取り込んで見て
自分でもちょっと引きました・・・。

何もかも斜めで。(笑)
確かに歩いててもまっすぐ歩けなくて
オエエ気持ち悪い〜〜〜・・・となってました。
こんな体調・・・
夫に連れてきてもらわなかったら
まず外出も無理な日でしたね。
ありがたいありがたい。



博物館の中は
もう宝の山でした。
すんごいですココ。
コレクションのクオリティが半端無いです。

その辺の科学館の石コーナーなんて目じゃないです。

館長さんがずっとついて
展示物の説明をしてくださって
楽しいの何の。

私のくだらない質問にも
丁寧に分かりやすく答えてくださって
本当に楽しかったし勉強になった。

息子も連れてきてやりたかったなぁ。
学校があったので来れなかったのだ。
息子も私からここでの話を聞いて
「めっちゃ行きたい!電車では行けないの?」
と残念がっていました。

電車かぁ・・・多分それだと
泊りがけになるんじゃないだろうか・・・。



何の写真やねん・・・ですね。
暗闇でも光る石を集めて展示してあるブースです。

この博物館を始めた時、
珍しくて綺麗な石ばかりにしようと決めて
あちこちから素敵な石を集めてきたのだそうです。

ほんとに見たことも無い大きさで
しかも美しい石が沢山で
うわーうわーばっかし言ってました。

化石の類も本物の素晴らしい物が沢山。
写真を撮ってくるつもりを
していたのですが
話に夢中で撮り忘れてしまいました。

ここに到着するまでは
体中痛くて目もぐるぐるで
息も絶え絶えだったのに、
石見てる間に痛いのがマシに!!
目は回ってましたが(笑)
ゲンキンなものです。

それでも館長さんの話を
ひとつも漏らさず持って帰りたい。
と思いました。

石の博物館にずっといたので
夫から
「日が暮れて雨も降りそうだし、玄武洞みれなくなるよ。」
と連絡が入りました。
(夫そっちのけで館長さんと巡っていたのでした)

チッ・・・もっと早く来れたらよかったのに・・・
などとわざわざ連れてきてくれた夫に
恨めしい気持ちになりながら(ヒドイ)
館長さんにお礼を言って玄武洞へ。



斜めってますが。
これは青龍



これは白虎。
シマシマなのですね。



これが朱雀。
鳥の尻尾の様な感じでしょうか。




玄武洞はこのような5角形の石が
にょろ長く重なっている場所なのです。
これ自然に出来た石積みなんですよ。

一番上の玄武洞と
青龍洞はスケールが大きいのですが
写真がヘタクソなので
ちんまりして見えますよね〜。
しかも全部斜めだし・・・。

うわー!って声が出る大きさなんだけどな。
私は青龍がお気に入りになりました。

ほんと息子も連れてもっとゆっくり見に来たいです。

2012.04.28 Saturday

山の辺の道 その2



お弁当を食べて狭井神社にお参りをして
山の辺の道を進む。

細い農道?獣道?
みたいなトコを進むと道の端に
カフェが。

「お弁当にデザートが無かったな。」
ということでお邪魔しました。

お外の席で頂きました。
わらび餅とコーヒー。
ここのコーヒーすごく美味しかった。
わらび餅はコーヒーミルで大豆を
目の前で挽いてくれた自家製きなこでした。

う〜ん・・・これは・・・木屑食べてるみたいでした。
大豆の風味はさすが挽き立てでとてもいいのだけど、
粗挽きはなぁ・・・わらび餅には違うな。
あべかわ餅ならいけるかな。
普通の黄な粉に少量混ぜるのならいいかもなぁ。

と、辛口批評を脳内でしながら
お茶をして、満足したので先へ進む。



すぐにこの様な最古アピールの激しい
神社の看板が出てきたので
軽い気持ちで覗いてみました。



何ココ綺麗じゃん!!
「龗神神社」
アメフラシの神様ですかね。
もう散ってしまっていましたが、
桜の木がたくさんあって
少しだけ残っていた桜が花びらを散らして

綺麗でした〜。
満開の時は素晴らしい景色なんでしょうね。
来年またゆっくり見に行きたいわぁ。



今回の目的地、
「桧原神社」
ここにずっと来たかったんです。

元伊勢のひとつと言われている神社です。
社殿は無くて
この美しい三つ鳥居があるばかり。

ここでしばらく休憩・・・と座っていたのですが
離れたところのベンチのおばさん二人組が
世間話をお茶の間ボリュームで延々喋ってて
知りたくもないオバサンの情報が
勝手にどんどん入ってくるので(笑)
やむなく退散。

こういった場所ではボリュームと内容に気をつけて
お喋りしなくては。と思いました。



桧原神社から見える
フタコブラクダのこぶの様な山、
二上山のずーーーーーっと先には
伊勢神宮が位置していると聞きます。
ホントかな。

奈良は美しい。



「玄賓庵」
帰り道に玄賓庵に立ち寄る。
真言宗醍醐派の寺院だそう。

何の知識もなくお邪魔したので
みどころのわからぬままではありましたが、
先程ゆっくり休憩が出来なかったので
小さなベンチで30分くらい静かに
ボーーーッとさせていただきました。

鳥の声やカエルの鳴き声を
聞きながら
ボーーーーーッと。



山の辺の道を黙々と。
足元を見ると

キラキラと土が光るんですよね。
土の中の石英や雲母の欠片なのでしょう。
キラキラチラチラ
夜空の星の様に。

子供の頃もこうして独りで
こんな所を歩いていました。
今なら危なくて考えられないですけどね。

暗い林の中んなどに、一人で入ってって
木に登ったり木の洞の中を覗き込んだり
這いつくばって枯れ葉や
石をひっくり返して色んな物探してました。

こんな風に足元が光るのにも
私は土を採取して光る物だけを
なんとか抽出できないかしら
とあれこれ実験?を
繰り返したりしていたなぁ。(笑)

どこにでも石はいる。
私は昔から石と一緒だった。
そんなコトすら忘れてしまっていたことに
気がつきました。


何で忘れちゃうのかなぁ。



さてさてそろそろ帰ろうかと。
大神神社で「忍冬酒」を頂き、
鳥居を出て駅に向かう道すがら


「若宮 大直禰子神社」

に立ち寄る。
ここいつも忘れるんだよね・・・。
すっかり夕方で誰もいない境内に
しばし佇む。

さあ今回の山の辺ウロウロはこれにておしまい。
今年に入ってから体調が思わしくなくて
その原因も分からずで
ちょいとくさっておりました。

この時も10日程前に大神神社で行われた
後宴能を見に行こうと予定していたのが
体調が悪くて行けなかったので
しょんぼりしていたのでした。

でもこの日にやって来て
忍冬酒も手に入れられたし
桜も枝垂桜が見れたし
人も少なくてゆっくりできたし。
よかったよかった。でした。

今度は石上神宮の方から滝に向かって行ってみよう。

2012.04.28 Saturday

山の辺の道を行く その1

 

ちょっとめまいがマシになったので
この日、三輪から山の辺の道を
桧原神社を目指すことにしました。

桜も終わってしまっているだろうな・・・と
期待せずに行ったのだけど、
枝垂桜はまだ花を散らさず
満開で待っていてくれました。



この日は特別目的もなく時間も気にせず
思った方向に歩いていこう。
という趣向だったので、
三輪駅につくやいなや
大神神社参拝の皆さんとは
反対方向に、大きな木が「おーい!」
と呼ぶ方向に歩いていきました。

以前来た時に
電車の時間が迫っていて
諦めた大きな大きな木を見に。

「恵比寿神社」
の御神木でした。
やっと来れたなぁ。

それにしても写真が暗い!
まだこのカメラが使いこなせないなぁ。
そんでもってモアレはどうしたら無くなるの?



大神神社の荒魂を奉る
挟井神社ではこの日の朝
鎮花祭が行われていて

「忍冬酒」という三輪山の忍冬と
狭井神社のご神水を使って作られた薬酒の
授与がありました。これも何かのご縁、
帰りに頂いて帰りました。



この日はうららかな良い天気で、
お弁当を作って持っていってたので
枝垂桜が満開の展望台で
お弁当を食べました。
自作のお弁当なんて久々。

ゆかりふりかけをかけた冷ご飯が
すんごく美味しいのね!!(笑)
息子の学校のお弁当と同じ物を作ったので
「今頃ヤツも食べているのだろうか・・・」
とか思いながら食べていました。



足元にたんぽぽや春の草花が
沢山咲いていました。
子供の頃、春になると
花を摘んで名前を調べて・・・
そんなことを毎日していたのを思い出しました。



オオイヌノフグリ

小さい頃母に
「この花はオオイヌノフグリって言うんだよ!」
と図鑑で得た知識を自慢げに披露したら、
「その名前は外で大きな声で言っちゃダメよ。」
と言われたのでした。
「女の子が言うのは恥ずかしい名前だから」
という理由だったのですが、

自信満々で話した知識を
「女として恥ずかしい」
という思いがけない方向からの
返事が返ってきたので、
大変ショックを受けたのでした。

いまだにこの花をを見かけると
ちょっと悲しいような気持ちになります。

この花、摘むと花がすぐ落ちてしまうのよね。

花を落とさないように
そろそろと慎重に歩いて
持って帰ったんだったなぁ。

つづく

2012.04.27 Friday

ディズニーシー5周年ドナルドスノードーム

JUGEMテーマ:スノードーム

 
多分ディズニーシー5周年のスノードーム。
こちらもリサイクルショップで発見。
実は私、あんまりディズニーキャラクターが
好きでは無いのだけれども、
ディズニーはスノードームがホント豊富だよなぁ。

これは台座がキラキラしてて凄くかわいい。



何をモチーフにしているのかしら?
星とか花とかカミナリとか?
自然をモチーフにしているのかな?
彩色も凝ってて素敵。



中のアヒルが何だか浮かれてて
ムカつくわ〜・・・。(笑)
台座のモチーフと何か関連があるのだろうか。
事情を知らないにも程がある。
スミマセン・・・。

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored Links
月の満ち欠け
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to ニキビケア
NEWS
SAKURA
アクアリウム
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
考えるキノコ 摩訶不思議ワールド (INAX BOOKLET)
考えるキノコ 摩訶不思議ワールド (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
飯沢 耕太郎,大舘 一夫,佐久間 大輔,吹春 俊光
ビジュアル重視のきのこ本。写真も豊富なのでじっくり楽しめます。
西洋と東洋のボタニカルアート(博物画)も紹介されていて、興味を
そそられます。きのこ初心者にモッテコイです。
Recommend
Recommend
Fine
Fine (JUGEMレビュー »)
キリンジ,キリンジ,堀込高樹,堀込泰行,冨田恵一
Recommend
Recommend
堀秀道の水晶の本
堀秀道の水晶の本 (JUGEMレビュー »)
堀 秀道
堀秀道センセの最新刊。
これは読みたい!
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
47’45”
47’45” (JUGEMレビュー »)
キリンジ,岡田治郎,渡辺等,山本拓夫,藤田乙比古,大山泰輝,桐山なぎさ,武藤祐生,鈴木達也,高野哲夫,堀込泰行
■キリンジはイイ。耳に優しく、疲れてる時に幸せにしてくれる。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM